軟式
support@nanshiki.co.jp

tel2com for Linux
●解説
 SSH または telnet とシリアルポートを中継するプログラムです。
 昔のパソコン通信の BBS ホストプログラムに SSH または telnet で接続したり、RS-232C で制御する機器を SSH または telnet を使用して LAN やインターネットから制御できます。
 SSH は SSH2 のみ対応しています。認証方式はパスフレーズ認証、公開鍵認証に対応しています。また、ユーザー名とパスワードをシリアルポート接続先に渡す方法も選択できます。
 公開鍵認証で使用可能な鍵の種類は RSA/ECDSA/ED25519 です。
 Raspberry Pi, NanoPi, BeagbleBone Black, PINE64 等の Linux が動作するシングルボードコンピュータでも使用可能です。
 ただし、シングルボードコンピュータで RS-232C を使用する場合、UART を使用し、RS-232C のレベル変換を行う必要があります。
 お勧めはしませんが USB シリアルポート変換ケーブルを使用して中継する事も可能です。
 Windows 版 tel2com BBS gateway との相違点は下記の通りです。
●対応機器・デストリビューション
 上記は動作を確認した機器・デストリビューションですが、言語は C で、基本的なライブラリしか使用していませんので、libssh がインストールできる環境であれば問題なくビルド、実行できると思います。
 libssh は 0.8.4 より前のバージョンでは脆弱性が発見されているようです。脆弱性は他にもあるようですので、可能な限り新しいバージョンを使用してください。
 libssh は LGPLv2.1 です。

●ダウンロード
GitHub
https://github.com/nanshiki/tel2com.git
リンク
●ライセンス
 MIT ライセンス
 サポートは有償となります。
 複数回線対応等のカスタマイズは可能です。