exeUSB

●解説

 exeUSB は USB デバイスの接続を監視し、接続時にさまざまな動作をさせることができるプログラムです。
 IEEE1394 接続のハードディスクの接続の監視も可能です。
 動作については複数登録可能です。
 例えば USB メモリ接続時にファイルを USB メモリにコピーしてデバイスの停止を行って取り外せる状態にしたり、 携帯電話を USB 通信ケーブルで接続した際にデータ読み出しプログラムを起動して、ケーブルを抜いた際に自動的に プログラムを終了させたりできます。
 USB メモリにファイルをコピーする場合、ドライブ名が変わってしまっても正しく認識してコピーできます。
 MTP 接続のデバイス上のファイルのコピー、削除にも対応しました。

 動作項目
  • ファイルの実行
    エクスプローラで起動できるファイルであればプログラム以外でも実行可能です。
  • フォルダのコピー
    指定した拡張子のファイルのみコピーや、新しいファイルのみ、サブフォルダのファイルもコピー等の設定ができます。
  • ファイルのコピー
  • ファイルの削除
    USB デバイスが接続している間に更新されたファイルのみ削除することもできます。
  • メッセージダイアログボックス表示
    任意のメッセージを表示できます。また、ボタン押下によって動作の分岐を行うことができます。
  • 自動クリック
    アプリケーションウインドウ上のボタンを自動でクリックさせることができます。
  • 動作待ち
    一定時間もしくはデバイスの停止、ウインドウ上の文字列が一致するまで等の条件で次の動作を待つことができます。
  • デバイスの停止
    USB デバイスを停止し、取り外し可能にします。
  • 動作ログの表示
    コピーしたファイル等の動作結果ログを表示します。

●対応 OS

 Windows7/8/8.1/10 32bit/64bit (Version 2.0.0.1)
 WindowsXP/Vista 32bit (Version 1.0.1.3)

●画面



 左が USB デバイスの一覧、右が USB デバイス接続時に行う動作項目の一覧です。

●ダウンロード

 exeUSB Version 2.0.0.1 (2017/5/12)
 exeUSB Version 1.0.1.3 (2017/5/12)
  • exeusb1013.zip 実行ファイルおよびヘルプのみ (846,447 bytes)
 インストールはダウンロードしたインストーラプログラムを起動してください。前のバージョンはアンインストールする必要はありません。
 インストーラ無しのファイルの場合、適当なフォルダに解凍し、exeUSB.exe を起動してください。

●変更履歴

 Version 2.0.0.1
 Version 1.0.1.3
  • フォルダコピー、ファイルコピーの移動先フォルダの参照ボタンが反応していなかったのを修正。
  • 動作ログの表示項目と実際に登録している動作項目に違いがある場合に注意のダイアログを表示するよう修正。
  • コピー、削除の進捗画面が動作項目毎に前面に出てしまっていたのを修正。
  • 64bit 版追加。(Version 2.0.0.1)
  • MTP 接続のデバイス上のファイル、フォルダのコピーおよび削除に対応。(Version 2.0.0.1)
  • タスクバーアイコン上のプログレス表示に対応。(Version 2.0.0.1)
  • 正規表現処理を C++ ライブラリに変更。(Version 2.0.0.1)
  • ※正規表現指定の場合の動作が変わる可能性がありますのでご注意ください。